アロメル

 

医薬部外品のアロメルには手汗を抑える作用があります。商品の詳細を紹介していきましょう。

 

手汗とその臭いを抑える

アロメルには殺菌効果のある「イソプロピルメチルフェノール」と、手汗などの汗を抑える効果のある「フェノールスルホン酸亜鉛」が入っています。

 

毛穴にフェノールスルホン酸亜鉛が浸透して手汗をキャッチして、汗腺を塞ぐ事によって、手汗を抑える事ができます。そして、フェノールスルホン酸亜鉛には汗が乾燥する時に生じる臭いを軽減する作用もあります。

 

 

そして、皮膚の奥までイソプロピルメチルフェノールが入り込み、臭いの原因菌を根源から滅菌してくれると言われています。イソプロピルメチルフェノールはナノ化されているので、浸透しやすいと言われています。

 

つまり「手汗をフェノールスルホン酸亜鉛で抑える」→「手汗などの汗の臭いをイソプロピルメチルフェノールで抑える」というのが、アロメルの仕組みなのです。

 

手汗にはあまり臭いは無いわけですが、足裏や脇に用いれば、臭いを抑える効果の高さが良く分かると思います。

 

 

潤いキープ成分と治癒エキス

 

「柿タンニン」や「シャクヤク抽出液」等、潤いをキープする作用のある成分が含有されているので、手汗を抑える事をしつつ、手を保湿する事が叶います。

 

手汗を抑える事を目的としたアイテムの中には、むしろ手を乾かし過ぎてダメージを与えてしまうほどのものも存在すると言われていますが、アロメルであればその点は大丈夫だと言えるという事ですね。

 

当然「手汗で困っているけれど、皮膚は乾燥気味」という人にもピッタリだと思います。ちなみに、潤いキープを進める事で「潤いのベール」が形成され、そのベールの力で、余計な皮脂や手汗などの汗を抑える事が叶うと見られています。

 

 

また「ワレモコウエキス」と呼ばれる、皮脂を抑える力のある成分も配合されています。この成分はかなり刺激が少ないので、手の肌の荒れ等で困っている人でも気兼ねなく用いる事が叶います。

 

乳幼児向けのクリームにもよく使用されるほど安全性が高い成分だそうです。そして、ワレモコウエキスには秀でた治癒効果もあると言われているので、手の肌の修復を効率良く進めてくれると思います。

 

 

スプレー式だから便利

手汗を抑えるための商品であるアロメルはスプレー式です。ですから、ケアは「手にシュッとスプレーする」だけで完結です。

 

ですから、ロールオン式やクリーム式が面倒だったり、ベタベタになって困っていたりしていた方には特に向いていると言われています。

 

いつでも手早く手汗を抑える事が可能ですし、アロマミストにしか映らないパッケージデザインになっていますから、誰の前でも堂々と用いる事ができると思います。

 

アロメルの成分

フェノールスルホン酸亜鉛がメイン

フェノールスルホン酸亜鉛がアロメルのメインです。フェノールスルホン酸亜鉛には毛穴に入り込んで、手汗を捕えて、手汗が原因の不快感などを抑える効果があります。

 

手汗にはほとんど臭いは無いでしょうが、汗が乾燥する際に発生する臭いを抑えてくれると言われています。ですから、臭いの出やすい足の裏などに使ってみるのも良いと思います。

 

滅菌成分のイソプロピルメチルフェノール

イソプロピルメチルフェノールという、非常に強力な滅菌成分がナノ化された上で入っています。このイソプロピルメチルフェノールなどの力により、アロメルは99.9999パーセントの滅菌割合となっています。

 

ナノ化が行われている分、肌の奥部にまで成分が浸透しやすくなっているので、臭いの引き金となる菌を根源かやっつけてくれるのです。

 

ちなみに、生理食塩水を用いて行われたある実験データが存在します。アロメル(液体です)と生理食塩水を置いておいて、18時間が経った段階での黄色ブドウ球菌の数量を数えます。

アロメル:10個以下
生理食塩水(加工なし):340000個前後

数字からも見て取れる通り、アロメルの滅菌作用はやはり大変秀でているのです。恐らく、イソプロピルメチルフェノールなどの力のおかげだと思います。

 

保湿成分の力と治癒成分の力

 

柿タンニンやシャクヤクエキス等の保湿成分が配合されています。これらの成分が乾燥気味の手の潤いをキープして、皮膚の内部に水分を留めてくれます。

 

また「潤いの蓋」を形成し、過剰な皮脂や汗の生成を抑える事を進めてくれるとも見られています。

 

 

そして、ワレモコウ抽出液も豊富に入っておりますが、この成分は「治癒成分」と言われる事もあるほどの成分です。ダメージをほぼ与えない成分ですから、肌質に自信が無い人でも気兼ねなく用いる事が叶います。

 

 

このようにアロメルは「手汗を抑える事」は当然として、「手などの皮膚への優しさ」も追及された成分ラインナップとなっていますので、誰でも用いる事ができます。

 

除菌率99.9999%の実力↓↓