テサラン

 

テサランには手汗を効率良く抑える作用があります。

 

手汗の要因を未然に抑える

テサランには、手汗の要因である汗の大元、そして汗の臭いを未然に抑える作用があります。有用成分の力で、汗を抑える事が叶いますし、汗が原因の悪臭を抑える事も叶います。

 

 

ほぼ無臭で普通の汗であるエクリン汗腺からの汗だけに留まらず、脇の下からの汗など、アポクリン汗腺から出る汗を抑える事もしてくれるので、手汗のみならず、色々な場所の臭い対策に使う事ができます。

 

 

手汗の要因のほとんどは精神的なものであると言われています。ですから、手汗が生じる前にきちんとしたケアを行う事により、自分自身に安心感を与えれば、手汗を抑える事ができるはずです。

 

そして、お化粧などでも少し顔の汗を抑える事ができる場合が多いですが、それと同じ理屈で美肌成分や保湿成分が、きちんと手に浸透する事でも、手汗が生じにくくなると言われています。

 

 

キープ力が非常に長い

テサランの汗を抑える力のキープ時間は、その他の商品と比べて大幅に長いです。

 

キープ時間はマックスで丸3日間続くと言われており、1回塗布するだけで、3日間手汗を抑える事をしながら、臭いの要因となる菌の増殖も抑える事が可能です。

 

入浴や手洗いの際には当然流れ落ちてしまうので、実際にはたびたび塗布し直すようにしましょう。「塗る時」と「塗る時」の間の時間は確実に効果が続いているはずです。

 

安全度もバッチリです

 

テサランは安全度に秀でた商品でもあります。汗を抑えるための商品の中には「塩化アルミニウム」が入っているものも多いですが、害のある成分でもあるので、皮膚が弱い方が用いると痒みや炎症や荒れなどを引き起こしてしまう場合があります。

 

一方、テサランの場合は「クロロヒドロキシアルミニウム」という、皮膚へのダメージがほとんどない有用成分が入っています。ですから、皮膚にダメージを与えることなく手汗を抑える事が可能です。

 

また、日本で作られているので信頼度も高いと思います。低刺激なので、お子さんでも肌質に自信が無い方でも安心して使用する事が可能です。

 

テサランの成分

手汗を抑える・臭いを防ぐ2つの主成分

テサランには手汗を抑える事をしたり、臭いを抑える事をしたりするための、2つの成分が入っており、それが主成分となっています。

 

 

1個目は「クロロヒドロキシアルミニウム」です。クロロヒドロキシアルミニウムには、収れん作用がありますので、汗腺や毛穴を引き締めて、手汗が流れ出る事を抑える事が可能です。

 

手汗を抑える成分としては塩化アルミニウムも存在し、実際に重宝されてはいるのですが、皮膚が弱い場合などは肌荒れを引き起こす場合もあるので、テサランにおいては、より安全度の高いクロロヒドロキシアルミウムが使われているのです。

 

2個目は「イソプロピルメチルフェノール」です。イソプロピルメチルフェノールには、秀でた滅菌・防菌作用があるので、臭いの引き金となる菌を退治する事が可能です。肌の上からこれらの成分を確実に浸透させる事により、手汗自体や手汗の臭いを抑える事ができると言われています。

 

 

9種の有用成分

 

テサランには、その他にも9種の有用成分が入っています。主に「手汗を抑えるための成分」と「美肌を目指すための成分」と「菌を退治して悪臭を抑えるための成分」となっています。

 

手汗を抑えるための成分

「イタドリ抽出液」や「塩化ナトリウム」などの、手汗を抑える作用を持つ成分が入っています。前者には汗腺を引き締めて汗を抑える作用が、後者には汗を吸収して流れ出す事を抑える作用があると見られています。

 

美肌を目指すための成分

テサランには、手の皮膚を美しくするための成分も入っています。具体的には「カンゾウ抽出液」「オウゴン抽出液」「自然のビタミンE」といった3つの成分です。

 

まず、和漢成分であるカンゾウ抽出液やオウゴン抽出液には、皮膚の炎症を抑える作用や潤いをキープする作用があると言われています。そして、自然のビタミンEには血行を促進して皮膚の潤いをキープする作用があると見られています。

 

菌を退治する成分

滅菌して臭いを抑える効果のある成分として「茶抽出液」や「ツボクサ抽出液」や「柿タンニン」や「エタノール」などが入っています。これらの成分が臭いの引き金となる菌をやっつけて、臭いを抑える事を進めてくれます。

 

手汗自体にはあまり臭いはありませんが、時間が経てば菌が増殖して臭いが強くなる場合があるので気を付けましょう。

 

テサランは、そもそも脇の下や足の裏など、臭いが強くなりやすい場所にも効果を発揮してくれる商品ですから1本あれば重宝します。