重層で手汗は止められる?

最近はすっかりお掃除の際の人気アイテムとなった重曹ですが、この重曹に手汗を止める効果があることをご存知でしょうか。

 

そもそも重曹とは?

重曹は化学的には「炭酸水素ナトリウム」という名前の物質です。この呼び名を目にすることが多いのは入浴剤や温泉かと思うのですが、この重曹はpH値の調整や消化剤、洗浄・脱臭効果、また炭酸水の元として使われます。安価で安全なため、医薬品や洗剤、食品など、様々な分野で用いられています。

 

 

重曹が手汗を止めるのはなぜ?

重曹が手汗を止めるといわれている理由は、重曹に吸湿作用があるからだと考えられます。除湿剤としても使われることがある重曹なので、重曹をつけておくと汗を止めるというよりは、出た汗が吸着するために、汗の形で表に現れにくくなる、といった効果が期待できます。

 

成分的には温泉の成分でもあることでもわかるように、血行をよくするために発汗を促しそうなものですが、こうした吸湿作用と、そして殺菌して臭いを抑える効果があるために、汗が出ていないような感じを受けるのだと考えられます。

 

 

重曹を使って汗を止めるには?

とはいえ、重曹は基本的に粉末です。それを野球のピッチャーが使うロージンバッグ(別成分です)のように、手のひらに塗って使うわけにはいきません。重曹を利用したい場合は一度水に溶かしてスプレーするのが一番です。スプレー用の容器も100円ショップで気軽に購入できるので、自分用を作ってしまうと良いでしょう。

 

当然、吸水作用を高めるためには重曹の濃度が高い方が良いのですが、重曹は一方でアルカリ性のため、あまり濃度が高いと弱酸性の肌を痛めます。水100gに対して10g程度の重曹の濃度で十分だと思いますが、様子を見ながら調整してみてください。ただ、重曹で抑制できる量には限界がありますから、あまりにも程度がひどい場合には、専用の医薬品を用いた方が良いでしょう。

 

関連ページ

手汗を診てもらうのは何科に行けばいいの?
手汗を抑えたい方は必見です。市販で買える手汗専用クリームをランキング形式で紹介しています。
冷え性なのに手汗や足汗をかく原因と対策
手汗を抑えたい方は必見です。市販で買える手汗専用クリームをランキング形式で紹介しています。
自律神経とは?手汗の関係は?
手汗を抑えたい方は必見です。市販で買える手汗専用クリームをランキング形式で紹介しています。