冬になると手汗が酷くなるのはなぜ?その対策とは

冬は寒いので、汗なんか出ないだろうと思っていたら、意外にも手が汗をいっぱいかいている、そういうことはありませんか?実は冬になると手汗が多くなる人は多いのです。その理由について考えてみましょう。

 

そもそも手汗の原因は?

普通、汗をかく理由といえば暑いから体温を調節するためです。こう考えた場合には冬に手汗が出るのは納得できませんよね。しかし、考えてみてください。体の末端である手、また足から汗が出たところで、小さな器官でもありますから全身への体温調節効果は期待できません。すると、手汗が出る原因は別にあるということになります。

 

手汗が出る理由は、体温の調節のためではなくて、自律神経のうち交感神経が優位になってしまうことで汗腺が刺激されるからなのです。交感神経というのは人間が活動的になるときに優位に働く神経ですが、この神経は発汗を制御していて、この交感神経に失調があるときや、緊張状態によって交感神経が異常に強くなると手汗が多くなるのです。

 

この交感神経が強くならないようにするには、対する副交感神経と呼ばれるリラックス状態を制御する神経を強くすることです。つまり、緊張する必要がない、リラックス状態を保つ必要があるのです。

 

 

冬に手汗がひどくなるのは?

冬に手汗がひどくなるのは、もちろん、寒さが理由です。ただ、その影響は体温ではなく交感神経や自律神経に現れます。寒くなると冷えによって血流が悪くなりますが、これは副交感神経の働きを弱め、それによって交感神経が優位になって手汗が出やすくなります。

 

また、寒さからガチガチ震えてみたり、妙に全身が緊張して力が入ったりして、肩こりや疲れを感じることもありますが、これは交感神経が強くなっている証拠。こういった場合には手汗がひどくなってしまうので、体を冷やさずに暖かくすることが不思議にも汗を止める方法となるのですね。

 

 

冬の手汗対策

冬の手汗対策は、何よりも血行対策とリラックスです。その両方を同時に行うことができる、入浴や岩盤浴、サウナ、マッサージなどがオススメの方法です。入浴は半身浴でゆっくり長く行うのがいいでしょう。しっかり体の芯から温めることによって、血行も改善されるようになります。入浴剤を使うのも効果的ですね。副交感神経優位になりますが、湯冷めしないように、お風呂から上がった後はテキパキ動きましょう。

 

また、岩盤浴やサウナは毎日は行けないかもしれませんが、週に一度行くだけでも効果は大きいですので気長に続けましょう。マッサージはただマッサージするだけでなく、できれば温熱治療を含むものを。血行を改善し、リラックスする効果を高めてくれます。

 

その他にも、運動をしたり、首を温めたり、体を温める飲み物を飲んだり、いろんな方法がありますが、基本は副交感神経の働きを促すことですから、気負いせずに無理のない程度で行いましょう。夏と冬では手汗対策の内容が異なりますから、正しいケアを行いましょうね。

 

関連ページ

手汗を抑えるための手術について
手汗を抑えたい方は必見です。市販で買える手汗専用クリームをランキング形式で紹介しています。
ツボと呼吸法で手汗を抑える方法
手汗を抑えたい方は必見です。市販で買える手汗専用クリームをランキング形式で紹介しています。
手つなぎデート前の手汗対策
手汗を抑えたい方は必見です。市販で買える手汗専用クリームをランキング形式で紹介しています。
手汗を抑えるために食事から改善
手汗を抑えたい方は必見です。市販で買える手汗専用クリームをランキング形式で紹介しています。