ツボと呼吸法で手汗を抑える方法

誰かと手をつないだり、握手をしたりするとき、気になるのが自分の手汗。出しちゃいけない時に限って出がちなのは、この手汗は緊張すると出る汗だからです。交感神経に異常が生じて汗腺を刺激した結果、汗が出てしまいます。手汗を適度に抑えるために有効な、かつすぐにできる方法をご紹介しましょう。

 

ツボ押しで手汗を止める

精神性発汗と呼ばれる、緊張やストレスからの汗が手汗の正体です。ですから、気分を落ち着けることによって発汗を抑えることができます。このために有効なツボとしては、合谷(ごうこく)や労宮(ろうきゅう)があります。

 

合谷

合谷は非常に有名なツボです。その場所は、手の甲の親指と人差し指の骨が合流するところのくぼみ。押したりもんだりしたことのある人も多いのではないでしょうか。ここは、神経過敏やストレス、不安などの精神的な症状に効くといわれる他、いろんな疲れが影響しやすいツボと言われ、万病に有効とも言われています。

 

合谷を押す際には、反対側の手の親指が最も押しやすいです。指を骨の下に入れるつもりで数秒押し、そして1秒話してまた数秒押す、という感じで5回ほど繰り返しましょう。

 

労宮(ろうきゅう)

労宮は手のひらの中心にあるツボで、手を握ったときに中指の先端が触れる部分。ここも交感神経の緊張を鎮め、気持ちを落ち着かせる効果があります。反対の手の親指で、5秒ほど押して5秒離す、というリズムで5回ほど繰返します。労宮は押していると痛みを感じることも多いので、イタ気持ちいいくらいの強さでいいので、定期的に行いましょう。

 

 

呼吸によって手汗を止める

手汗の原因が緊張にあるのなら、緊張を緩めれば手汗は緩和できるはずです。昔から緊張を緩めるためによく行われているのが、そう、「深呼吸」です。深呼吸が緊張を緩める効果があるのは、腹式呼吸になるからです。一度試しに深呼吸をしてみると、お腹が大きく動くのがわかるはずです。逆にお腹を動かさないように深呼吸をしてみると、かえって緊張します。

 

ですから、腹式呼吸を行うのが大事なのですが、これにもコツがあって、息を吐く事により注意を払いましょう。息は吸うときよりも吐くときにリラックスさせる副交感神経が優位になります。ですから、吐くときはゆっくり吐くようにするとリラックス効果が出てきます。

 

複式呼吸をしたいときは、背筋を伸ばし、お腹を凹ませつつ残っている息を全部吐き出します。そして脱力しながら鼻から自然に息を吸い込むとお腹が大きく膨らむはずです。そして、吸い込んだ息をゆっくり鼻から吐き出していきましょう。お腹が膨らんでいるかどうか、しっかり意識しながら行いましょうね。

 

 

皮膚圧反射で汗を止める

私たちの体には面白い性質があって、圧迫されている側は汗をかかず、反対側から汗が出る性質があります。たとえば、横向きになって寝ていると、汗は布団にくっついている側より、布団についていない側から多く出て行きます。

 

腕を強く組んでみたり、胸の上部(脇の下あたり)を圧迫するように何かを巻きつけたりすることで、顔や手汗を防ぐことができると言われています。その分、下半身が汗をかきやすくなる点に注意が必要ですが、緊急時の対策に覚えておくと使う機会もあるかもしれません。

 

関連ページ

手汗を抑えるための手術について
手汗を抑えたい方は必見です。市販で買える手汗専用クリームをランキング形式で紹介しています。
手つなぎデート前の手汗対策
手汗を抑えたい方は必見です。市販で買える手汗専用クリームをランキング形式で紹介しています。
手汗を抑えるために食事から改善
手汗を抑えたい方は必見です。市販で買える手汗専用クリームをランキング形式で紹介しています。
冬になると手汗が酷くなるのはなぜ?その対策とは
手汗を抑えたい方は必見です。市販で買える手汗専用クリームをランキング形式で紹介しています。