手汗を抑えるための対策

  • 職場での電話の受け渡し、
  • 人前でしゃべると手汗で資料がぐちゃぐちゃに、
  • デートで手をつなぎたいけど、積極的になれない。

手汗がひどいと、色々な場面で困りますよね。

 

ネットに出ている情報で、ツボを押してみたり、複式呼吸を取り入れてみたり、
食事を改善してみたり、定期的に運動してみたりしても、
思ったような効果がでない、、、

 

でも安心してください。
今は手汗をピタッと止めるケア商品があるんです。

 

汗を抑えたり、臭いを消す効果として、制汗剤を思い浮かべる人が多いと思いますが、
多くの人がイメージするのは、脇を対策するための商品ではないでしょうか。

 

実は数年前から、手汗専用の対策グッズが市販化されているんです。

 

手汗対策には手汗専用を使う必要あり

体には、汗を出すための汗腺が無数にありますが、
同じ汗にもそれぞれの部位で特徴があります。

 

例えば、脇汗でいえばアポクリン腺、手汗でいえばエクリン汗腺。
そのため、手汗を抑止するには、手汗専用のグッズを使う必要があります。

 

 

たまに、脇汗用のグッズを、手に使う人がいますが、思ったような効果が出ないのは、このためです。
そもそも原因が違うので効くはずがないんですね。

 

また、脇汗対策用は、脇のニオイを抑えるために、殺菌成分や防腐成分が含まれているものが多いですが、
刺激が強かったり、肌荒れの原因になるので手汗用には必要ありません。

 

手汗が臭い人って、いないですよね?
手汗はエクリン汗腺であり、99%が水分だからです。

 

当サイトでは、専門誌、美容雑誌、口コミサイトの情報をもとに、
効果が高く、人気の手汗専用のおすすめ対策商品をランキング形式で紹介します。

手汗を止める【手汗専用】おすすめケア商品ランキング

ファリネ

多くのメディアで紹介され口コミでも人気の手汗対策制汗パウダーが「ファリネ」です。彼氏がせっかく出来たのに、手汗が酷くて手を繋げなかったり、プレゼンの前に手汗をかいたり・・・そんな悩みに答えてくれるのがファリネ。

 

特殊ナノイオン超微粒子とACHでダブルの制汗効果、麻セルロースにより手のひらの水分量をコントロールします。超微粒子パウダーのファリネだから、手の平の隅々までカバーします。サッと使える利便性と即効性も高い人気の秘密で、継続使用することで、汗腺を衰退させてくれます。

 

7つの有効成分がギューッとつまったファリネは、あなたの汗腺を確実にブロックしてくれるでしょう。

 

 

 

価格 容量 評価
定期初回 2,667円

      (90日間返金保証)

6g (約1ヶ月分) 手汗,抑える,方法

フレナーラ

満足度91%以上という手汗対策のジェルクリーム、それがフレナーラです。多くのメディアに取り上げられ、医薬部外品となっており高い効果をしっかり感じられます。

 

フレナーラは独自テクノロジーによって分子レベルで汗をシャットアウトし、ベタつかない工夫をしています。7つの植物エキスが独自技術によって制汗作用に変わり、ナノ化した成分がしっかり手のひらをケアしてくれます。刺激成分をいっさい使わず、痒みの元になる原因も徹底的に排除。

 

制汗剤と気付かれにくいプッシュ型の化粧品のようなシンプルなデザインを採用し、手軽に使えるのが人気です。

 

 

 

価格 容量 評価
定期初回 5,100円

     (180日間返金保証)

23ml (約1ヶ月分) 手汗,抑える,方法

デトランスα

医療先進国と言われるデンマーク発の手汗対策のローションとして世界中で愛され、その販売実績は35万本を突破しており、名実ともに確かな実力を誇ります。手汗に悩む方にとっては、心強い味方となるでしょう。

 

手のひらに汗をかきやすい人は、多汗症の可能性もありますが、緊張やストレスを感じて手のひらにじっとり汗を滲ませる人も多いでしょう。そんな時にデトランスαを使えば、手汗が驚くほどスッキリなくなり、サラサラの手のひらを維持することが出来ます。国産製品ではあまりない塩化アルミニウムが配合された効果は絶大です。

 

手汗に悩まされている方は、世界中で愛されるデトランスαは試してみる価値ありです。

 

 

 

価格 容量 評価
初回 2,900円 100ml (約40日分) 手汗,抑える,方法

 

ファリネが1位の理由

手汗専用に開発されたファリネは、手汗を止める7つの有効成分をナノ微粒子レベルでパウダー化し、手汗の原因であるエクリン腺に直接、働きかけ、手汗をガッチリと抑えてくれます。

 

パウダータイプで即効性も高く、制汗剤には見えないパッケージとコンパクトなデザインで、いつも手元におけます。その実力と人気は、販売実績が証明しており、ランキング1位としました。

体の内側から根本的に治すにはコレ

身体の根本から手汗を改善したい人は、サプリメントの摂取もオススメします。手汗が極端に酷い場合は、体の制汗コントロールが乱れている可能性があります。自然の恵みの植物由来で構成された、人気のサプリをご紹介です。

 

アセッパー

悩みの種となる顔の汗を斬新なアプローチで解消するのがアセッパーというサプリ。1日1度、数粒服用するだけで、発汗量や悪臭などがどんどん軽減されていくというアイテムです。

 

添加物を最大限に除外した食品で、有用成分がギュッと詰まっています。含有成分が異常な発汗の要因であるところの代謝不全を解消し、循環を安定させて老廃物の排除を促進します。

 

様々な自然素材からとったポリフェノールと有用成分の抽出液によって、身体の中から汗の問題を解決していきます。ユーザー満足率も9割をオーバーしており、高確率で効き目が実感できそうです。

 

手汗だけに限定されているわけではなく、身体中の汗に関して効きます。汗ケアの土台となってくれる最良のサプリと言えるでしょう。

 

 

価格 容量 評価
定期初回 4,800円 90粒(約1ヶ月分) 手汗,抑える,方法

 

あせしらず

「あせしらず」は体の内側から気になる手汗や顔汗、脇汗を抑える汗対策専用のサプリメントです。汗対策のスキンケア商品を開発した専門家たちが、本格的に内側からの汗対策に取り組んだ商品として高い評価を得ています。

 

有効成分が汗の原因になりがちな熱のこもり、ホルモンバランスの乱れ、ストレスや緊張に作用し、気になる汗が少なくなるように体質を作ってくれます。現代人は多汗の原因が生活にありますが、生活スタイルを治すのは難しいことも多く、非常に助かる商品です。

 

コツコツ飲むだけで体質が変わっていきますから、制汗剤などではなく根本的な改善を望む方に適したサプリメントと言えます。

 

 

価格 容量 評価
定期 3,900円 150粒(約1ヶ月分) 手汗,抑える,方法

 

【いざという時に】 手汗を抑える簡単ストレッチ

手汗の量に関する3つのレベル

自分の手汗が多いことを自覚していたとしても、それが何か異常だとは思っていない人も多いようです。手汗というのは、体温調整のために汗をかくことはほとんどなく、緊張やストレス、プレッシャーによって汗をかくようになっています。こういった原因が神経に影響し、汗腺を刺激してそのような反応が起こるのです。

 

一般にこうした症状を精神性発汗と言い、手汗の場合は手掌多汗症と言っています。医学的にもしっかり認識されている症状で、その程度によって三段階にレベル分けがされているほど、症例も多く、そして治療方法も研究されているものです。

 

■手汗を判断する3つレベル

レベル1:「触ると汗を掻いているのがはっきりわかる」

 

レベル2:「手のひらを光りに晒すと汗ばんでいること、また水滴が目視できる」

 

レベル3:「手のひらを窄めると水がたまって見えるくらい発汗している」

 

日本医師会の基準では、このレベル2以上が治療を施した方がよい症状だそうです。レベルが分かれていることを見ても、その内容を見ても、手汗で悩んでいる人の中には相当大変な状態の方もいることがわかります。

 

手汗が気になると言っても、多くの場合はレベル1でしょうから、ほとんどの場合は病院で治療をするというレベルではありません。レベル1であれば、当サイトで紹介しような手汗専用のケア商品を使えば、たいていのケースで悩みが解消されるでしょう。しかし、それでも自分の生活に何か支障が出ている場合には、治療をした方が良い場合もありますので、医師と相談しながら進めましょう。

 

病院でボトックス注射を行ったり、汗腺を除去する手術を行うことで、汗自体は停止させることもできます。ですが、精神性の発汗の問題は、汗が止まればいいということではありません。根本にはストレスや緊張にさらされていたり、耐性が低いことが問題であり、手のひらの発汗としてそれが出ているだけで、もっと大きなストレス性の病気になる可能性も無くはないということです。

 

 

手掌多汗症のレベルは、ストレスに対する体の反応度合いと見てもよく、レベルが高いほど敏感な体質で問題が生じやすいので注意が必要です。根本的な改善のためには、しっかりとしたストレス対策や、自律神経を安定させるための生活習慣の改善が必要不可欠となります。たかが手汗と考えずに、ひとつの神経症だと考えてしっかり対処しましょう。

手汗が出る原因とは

手汗が多く出ることで日常生活に悪影響が出ることもあると思いますが、
対処のためにまずは原因を考えてみましょう。

 

精神的な要因

昔から緊迫した場面のことを「手に汗にぎる」などと表現しますが、この緊張感やストレスこそが手汗の最大の要因と言われています。もともと体温の管理のために手汗をかく必要はないとされていて、手汗や足の汗というのは、自律神経が緊張やストレスから変調し、その影響で神経が汗腺を刺激することによって生じています。

 

緊張すればするほど手汗が多く出て行くということになりますから、緊張しやすいタイプの人は要注意です。また、こうした人は他の神経症や生活習慣病も出やすいので、健康のためにもストレス管理に留意する必要があります。

 

生活習慣の乱れ

現代の病気の大半はこの生活習慣の乱れから起こっていると言われています。多汗もこの生活習慣の影響を多分に受けているのです。食事や睡眠、運動などの習慣がしっかりしていないと、それによって自律神経の機能が低下し、様々な不調症状を招きます。

 

自律神経によって汗の分泌もコントロールされていますから、生活がきちんとしていないことで多汗になることもあるのです。また、コーヒーの飲みすぎなどカフェインの取りすぎ、酒やタバコといった嗜好品によって汗が多くなることもあるようです。

 

肥満・病気

肥満は様々な病気の元になりますが、多汗症一般に影響しています。肥満になると脂肪によって体内の熱が発散できないために、体を冷やそうと汗を出すようになりますから、自然と汗が増えるのです。また、一部の病気では症状の中に多汗症状が見られるものもあります。とはいえ、肥満にしろ病気にしろ、このケースでは汗は全身で多くなるもので、手のひらから多く出る手掌多汗症など局所的な症状とは関係ないとされています。

 

ホルモンバランスの乱れ

汗をつかさどっている交感神経は、ホルモンの分泌を指示する部分と同じ場所で、ホルモンバランスの乱れは交感神経にも少なからず影響があります。ですから、ホルモンバランスが乱れると体質によっては多汗になることがあり、女性は特に更年期や妊娠、生理などの際に汗をかきやすくなる人がいます。ホルモンバランスが崩れて原因で多汗になると、全身に影響が出ますので、手汗も多くなってしまうのですね。

 

手汗を抑える対策の種類について

「たかが手汗くらいで・・・」と知らない人は言いますが、深刻に悩んでいる人にとっては、手汗は大事な機会をフイにする恐ろしいもの。デートで手をつなげなかったり、大事な書類がふやけてしまったり、考えるだけでも顔から火が出るほど恥ずかしいことが一杯あります。そんな嫌な手汗を抑えられる対策方法にはどんなものがあるでしょうか。

 

制汗剤

汗対策としてまず頭に浮かぶのはやはり制汗剤でしょう。制汗剤と一口に言ってもいろんな種類があり、スプレータイプ、クリームタイプ、拭き取り用シートタイプなど様々で、そのタイプによって効果の持続時間や効力は様々です。塩化アルミニウムやミョウバンが制汗に有効という情報もありますが、肌の弱い人は避けた方が無難です。一般的に即効性はあるものの、抑制効果が弱いものが多いです。手とは言え、多用は肌を痛める原因になりますから、ここぞという場面で使うのが良いでしょう。

 

 

ツボ押し

ツボ押しはいろんな健康効果が期待できる対策方法ですが、手汗に関しては、原因となる緊張やストレスをほぐすツボが有効です。手の甲側、人差し指と親指の付け根にある合谷(ごうこく)を押すと良いでしょう。この合谷はいろんな効果があるので、何か不調を感じるときに知ってると便利です。ツボ押しは効果に個人差がありますが、すぐにどこでもできるのがメリットです。

 

 

器具

多汗症対策用の器具というものがあり、微弱の電流を流して治療を行います。やはり効果に個人差があり、また環境を選ぶため、普段からのケアするときには良いですが、いざという時には使いにくいのが難点です。

 

 

食事療法・漢方

食事療法や漢方では、有効な成分を摂取することによって汗を抑えます。ただ、消化の問題もあり、即効性を期待するべきではありません。長期的に食事療法や漢方を続けた結果、体質が変わって多感症状がおさまります。これはストレスに強くなった場合もありますし、汗の原因が体内で除去された場合もあります。時間がかかる分、習慣を維持できれば再発防止効果が高いのがメリットです

 

 

病院での治療

病院での治療は、大きくわけてボトックス注射と手術があります。ボトックス注射とは、ボツリヌス菌を注射して、汗腺の機能を低下させます。体への負担もそれほどありませんし、施術もすぐに終わります。体質によっては違和感が出ることもあるのが難点です。効果は数ヶ月たつと消えてしまいますから、定期的に注射が必要です。

 

また、手術の場合は汗を出させる神経を除去したり、汗腺を除去したりするなど、汗が出る元を断っていきます。確実に汗が出なくなる一方で、別の部位で汗が増えてしまったり、また体への負担や、施術ミスによるダメージなどのリスクがあります。

 

■手汗を抑える方法と原因
外出中や発表会など、特に緊張状態に至ったときに手汗が出る方はたくさんいらっしゃると思います。すぐに手を洗うことも出来ず、緊張と手汗で更に緊張感が増してしまったこともあるでしょう。そんな方のために、少しでも手汗に悩まされないように手汗を抑える方法について何があるか調べてみたので、ご紹介しますね。
現代人は気づかない間にストレスをとてもたくさん受けています。そのストレスが手汗の原因にもなることが分かってきています。そんなストレスを排除することで、少しでも手汗の減少に繋がるでしょう。自律神経のバランスが不安定な方も注意が必要です。交感神経と副交感神経のバランスが取れなくなると、自律神経が乱れます。それが続くことにより自律神経失調症を患ってしまいます。
手汗はそういった精神的なものにも大変親密に関わっていますので、常に精神的に不安の無いような状況を作るのも、手汗対策になります。うつ病などの方にも手汗の症状は出てくるようです。気になる場合は、医療機関の受診をするのも良いと思います。
そして最近太ったかも。と思われる方、手汗は増えていませんか?肥満になるのも手汗が出やすくなる原因です。という事は、ダイエットをすることで手汗を減少させることも出来ると言うことになりますね。肥満の方は放熱ができにくいため、発汗することで体温調整をします。普通の方より汗をかくのはそのためなのです。そして手汗も同じ理由で出やすくなるということです。このようなことから、食生活を改善し規則正しい生活は、手汗のどんな要因にも効果があるといえますね。